当wikiは「Tokyo 7th シスターズ」のver.5.0.0以降の情報を中心とした攻略情報wikiです。皆様のご協力により情報更新・編集を行っていきます。どなたでも編集に参加することができますのでご協力をお願いします。

時代背景

 Tokyo-7thのエンターテイメント産業促進のため、2028年からアイドルに国家予算を支援する「特別芸能人格支援法令」が開始、アイドル文化が大きく広がり街にはアイドル育成、動画配信、ステージライブが行える施設、次世代型アイドル劇場スタジオ(ハコスタ)が多く設立された。さらに2030年セブンスシスターズが登場し、後に国民的アイドルとなる。しかし、2032年にセブンスシスターズが突如解散。アイドル文化が急激に衰退し、「アイドル氷河期」とも呼ばれるほどになった。
 それから2年一人の若者が次世代アイドル劇場型スタジオ「777」の二代目支配人に任命され、新たなるアイドルを作り上げる。

777(スリーセブン)※通称:ナナスタ

 プレイヤー自身が活動することになる次世代アイドル劇場型スタジオ(ハコスタ)の名称。正式名称は777(スリーセブン)だが一般的に「ナナスタ」と呼ばれている。建物には事務所、レッスンルーム、ステージの他、銭湯がある。短編アニメーションMVの設定によると建物の屋上にはホログラフィックによる看板、ヘリポート、大きな煙突が見られる。

Tokyo-7th(トーキョーセブンス)

 Tokyo-7th(トーキョーセブンス)とは、地域の名称であり、エンターテイメント産業の特区のことである。漢字では第七新東京区と書き、正式名称はTOKYO-07(トーキョー・ゼロセブン)、英語ではTOKYO-07 Special Administrative and Economic Districts in Japanである。国際都市でもあり、各国に向けての表記が多く設置されている。いわゆる「東京」は、「旧東京」と呼ばれている。特別行政特区は以下の通りであり、各地域でそれぞれ特徴がある。
  • OWARI-01 : 工業
  • RYUKYU-02 : リゾート
  • OSAKA-03 : 食べ物
  • FUKUOKA-04 : ファッション
  • EZO-05 : 医療・デジタル産業
  • SENDAI-06 : 学問
  • TOKYO-07 : エンターテイメント産業

特別芸能人格支援計画

セントラル地区

セントラルパーク


セブンスシスターズおよびTokyo 7thの歴史

2017年遷都先選定開始
2023年新Tokyo湾コスモポリス計画
2026年Tokyo-7th完成
2028年特別芸能人格支援法令
2030年1月1日WORLD'S END発表
2030年7月7日セブンスストライク
2030年10月31日SEVENTH HAVEN発表
EPISODE.3.0-012:スマイル
???年EVENT.005:夢をあなたと
「Sparkle☆Time!!」発表
「Star☆Glitter」発表
2032年セブンスシスターズ引退
2034年(アイドル氷河期) 第0話 始まりの日(ニコ帰国)
初代支配人から2代目支配人へ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu


キャラクター

公式Twitter

どなたでも編集できます

メンバー募集!
閉じる
wiki編集者募集中!!
自由にページを作成したり、編集を行ってかまいません!時間があるときだけでも手伝っていただける方、大募集中です!